3・3産後サポートプロジェクトは、3月3日を「産後サポートの日」とし、産後ママのサポート啓発活動をよりいっそう強化していくことにいたしました。

啓発活動のために、ロゴも作成!
賛同団体、個人への配布を、今後予定しております。

 


ニュース

3・3産後プロジェクト

産後3ヶ月まで、ママをしっかりサポート!

家族で企業でできること

3・3産後サポートプロジェクトとは


 

○日時:2015年10/15(木) 14:30~17:00
○会場:文京シビックセンター26F スカイホール
○対象:行政、企業の人事労務担当者、

    子育て支援に関わる方、当事者、

    学生、この問題に関心ある全ての方
○参加費:無料  ※乳幼児同伴可

 

「3・3産後サポートプロジェクト」は、日本の産後サポート文化を産後3週間→産後3ヶ月に変え、ママと赤ちゃんの笑顔を増やすプロジェクトです!

家族、企業、地域に「産後サポートの必要性」と「期間の延長」を伝えていきます!


発起人

○市川 香織 

文京学院大学 保健医療技術学部 看護学科准教授、助産師、(社)産前産後ケア推進協会代表理事

大学病院、助産師学校教員、厚生労働省、日本助産師会事務局長等を経て、2014年4月より、文教大学 保健医療技術学部 看護学科で、看護教育に携わる。2013年8月に設立した(社)産前産後ケア推進協会の代表も務め、産前産後ケアをはじめ、女性の生涯の健康を支援する活動も行っている。

○ぼうだ あきこ (リーダー)

NPO法人孫育て・ニッポン理事長、ファザーリング・ジャパン理事、ペンギンパパリーダー、多世代交流カフェ「いろむすび」アドバイザー 

”祖父母も孫もママもみんながハッピー”になるように、全国のママ・パパに「子育て講座」を、祖父母に「孫育て講座」を行っている。また長きに渡り、「産後うつ」を、当事者であるママでなく、パパや祖父母などに知ってもらう活動を行っている。

○安田 美香

「ホリプロ保育園」えんちょー

2歳と5歳の子どもを育てるママ。第1子出産の後、軽度の産後うつを経験。子育ての孤独にさいなまれ、家で泣いてばかりの日々を送るが、「他のママはどうなんだろう?一人ぼっちで泣いているママはいないのかな…」と思い、「ホリプロ保育園」というWEB番組を立ち上げる。子育ての孤独を無くし、子育てに関わる人たちの笑顔が増えることを願って活動しているプロジェクト「ホリプロ保育園」えんちょーとして、情報を発信している。

スペシャルサポーター(50音順)

育児情報誌『miku』、(社)産前産後ケア推進協会、ホリプロ保育園、NPO法人ファザーリング・ジャパン、NPO法人孫育て・ニッポン、NPO法人マドレボニータ

 

賛同団体

一般社団法人ドゥーラ協会 松が丘助産院

 

 

 

事務局

事務局 NPO法人 孫育て・ニッポン               

このプロジェクトに関するお問い合わせは
FJ理事 3・3産後PJ ぼうだまで